トップメッセージ

日本発・顧客本位のFintech(アセットマネジメントテック)企業として、
皆様の毎日が財産になる、豊かな社会づくりに貢献してまいります。

藤井 靖之

平素より格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

2017年、内閣府では、「人生100年時代構想会議」が開催されました。
2007年に日本で生まれた人が、107歳まで生きる確率が50%、
2050年には100歳以上の人口が100万人に達すると言われています。

日本が「超長寿国ニッポン」として名を馳せてから久しいですが、「人生100年時代」がいよいよ現実味を帯びてまいりました。

100年生きるとすると、40歳の人は人生の4割しか生きていない、
100年生きるとすると、65歳で退職された人は老後が35年もある、ということです。

人生100年なら何かにチャレンジしたい気持ちに遅すぎることはありません。
資産運用へのチャレンジも同じです。
人生100年時代を乗り越え楽しんでゆくためには資産を長く保つことが不可欠です。それには、資産運用に関する「理解」や「学び」そして何より「楽しみ」が必要になります。

我が国はGDP世界第3位の経済力を有しながら、外国との交易や往来がなければ成り立たない島国ニッポンであるという現実を有します。 我々の資産を日本円の預貯金だけで保つということは、世界基準で見た場合大きなリスクにさらされているとも言えます。 これからのニッポンには、アセット分散とリスクテイクによりお金を適切に「管理する / 防衛する」ことが必要であると考えます。 そういった意味で、当社のソリューションは皆様の人生100年時代を不安ではなく、希望が多いものに変えていく一助でありたいと考えております。

創業以来、「マネーゲームではない資産運用としてのFX・CFD」をコンセプトに皆様の共感を集めてまいりましたが、 2018年には、第二創業のスタートにあたり、コンセプトはそのままに、商号及びコーポレートアイデンティティの刷新、「企業理念 - MONEY SQUARE Way」の制定、 「腹落ち感のあるミドルリターン投資」を通じて社会に貢献する当社の存在意義「Strategy Statement」及び中期経営計画「TORA STRIDE 2022」を策定しました。

引き続き適切なリスクコントロールや厳格なコンプライアンス、堅牢なシステム及びセキュリティを重視し、 新時代の潮流に合わせた「顧客本位のFintech(アセットマネジメントテック)企業」として邁進できるよう、誠心誠意努力してまいります。

これからも変わらぬご理解とご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

藤井 靖之

株式会社マネースクエアHD
代表取締役社長
藤井 靖之