ご挨拶

日本発・資産運用テクノロジー会社として、皆様の毎日が財産になるような、豊かな社会づくりに貢献してまいります。

平素より格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

2017年、内閣府では、「人生100年時代構想会議」が開催されました。
2007年に日本で生まれた人が、107歳まで生きる確率が50%、
2050年には100歳以上の人口が100万人に達すると言われています。

日本が「超長寿国ニッポン」として名を馳せてから久しいですが、「人生100年時代」がいよいよ現実味を帯びてまいりました。

100年生きるとすると、40歳の人は人生の4割しか生きていない、
100年生きるとすると、65歳で退職された人は老後が35年もある、ということです。

人生100年なら何かにチャレンジしたい気持ちに遅すぎることはありません。
資産運用へのチャレンジも同じです。

人生100年時代を乗り越え楽しんでゆくためには資産を長く保つことが不可欠です。それには、資産運用に関する「理解」や「学び」が必要になります。そして我々はGDP世界第3位の経済力を有し、外国との交易や往来がなければ成り立たない島国ニッポンで暮らしているという現実があります。我々の資産を日本円の預貯金で保つだけということは、逆にリスクにさらされているということであり、適切なアセット分散とリスクテイクによりお金にも働いてもらうとの考え方に立っていく必要があると考えます。当社のソリューションが、皆様の人生100年時代を不安ではなく希望が多いものにしていくための役割を担いたいと思っております。

また、創業15周年を機に社名を「マネースクウェアHD」から「マネースクエアHD」と変更し、コーポレートアイデンティティを一新いたしました。
コーポレートスローガン「毎日が財産になる」、ビジョン「アイデアとテクノロジーでNIPPONの資産運用の未来を創る」、バリュー「CRAFTS (Creativity, Rightness, Adaptation, Fiduciary duty, Technology, Security 1st)」、そして新たに策定した当社役職員の「行動原則」の4要素から成り立つ「MONEY SQUARE Way」を定め、新生マネースクエアHDグループとして船出いたしました。

引き続き常にお客様視点に立ち、前例にとらわれないアイデアや新たな可能性を切り拓くテクノロジー、投資家教育・充実した情報提供を通じて、資産運用を学び実践する皆様の毎日が財産になるような資産運用ソリューションの提供を一意専心してまいりたいと考えております。

これからも変わらぬご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

株式会社マネースクエアHD
代表取締役社長
藤井 靖之